アメリカの消費者金融の動向と審査

アメリカでは、サブプライム問題が発生以降、失業率の増加とともに、日常の生活費さえも立ち行かなくなった消費者が増加する中で、「ペイデイローン」という商品を扱う業者の台頭が目立ちます。

これは、日本における消費者金融と同様の位置づけであるが、小口の融資で審査が緩いのが特徴です。

そもそもサブプライム・ローンとは通常の住宅ローンの審査に通らないような信用度の低い消費者向けのローンであり、そのような人々をターゲットにしているため、審査は低くなります。

ペイデイローンの特徴は、次回分の給料を担保に貸付がなされ、返済期間は2週間と定めている場合が多いです。これは、アメリカでは給料支払いのタイミングが月2回という職種の勤労者が多く、これに適用させたと考えられます。

金利については州ごとに上限金利が設定されているが、年利換算すると日本に比べ、かなり高めです。その金利であるが、貸付時に商品券を貸し付け、借入者は元本と商品券の額面を合わせた金額の小切手を業者へ渡します。ちなみに、この商品券は使用できません。

この手法は、日本で非合法業者による手形貸付(例として、システム金融)を連想してしまいます。

アメリカでは、一般消費者が小切手を取り扱う頻度が日本よりもはるかに高く、また、この手法では返済期日に貸手が銀行に取立依頼をする、つまり、返済に銀行を巻き込み、消費者金融側のリスクが少なくなることが予想できますね。消費者にとっては、危険な金融のしくみなのは確かです。

 

企業の海外進出では、国際法務に長けた弁護士が重要です

激しい価格競争とグローバル化の波の中で、生き残りをかけて、多くの企業がコスト削減と新たな市場開拓に迫られています。

少しでも安い労働力と安価な用地を求めて海外に工場を建設し、市場国の要請により現地に合弁会社を設立して販路を拡大するなど、努力を重ねています。

しかし慣れない外国の習慣や法秩序の中で、企業はトラブルに巻き込まれる事もあります。過去には、折角莫大な費用をかけて海外進出を果たしても、トラブルに巻き込まれ、撤退を余儀なくされた企業も存在します。

海外進出する際は、マーケティング分析だけではなく、現地の政治体制や法秩序をよく知る事が大切です。その際頼りになるのが、国際法務に長けた能力の高い弁護士です。

そういった要望から、世界各地の一流の法律事務所を抱えたネットワークグループも誕生するようになりました。世界中のメンバーファームが連携する事により、顧客側はスムーズに海外プロジェクトを進める事ができます。

また法的な問題がおきても、現地の事情に通じた能力の高い弁護士が対処することで、和解を成立させたり、裁判でも勝利をもたらすことができます。

 

FXは短期取引にも中長期取引にも便利

FXはオンラインで24時間取引できるのが魅力の一つです。8時から17時まで、さらに残業で働いていると言う方でも帰宅後に取引する事が可能です。何かと忙しい現代人でも取引し易いのが良いところです。

取引手数料も無いために短期で取引を繰り返すデイトレードにも良く用いられています。短期取引だけじゃなく、スワップポイントがあるため中長期取引にも魅力が大きいです。

持ち越ししている間はずっとスワップポイントの受け取りができます。受け取りしたスワップポイントを投資に回すと複利効果まで期待する事が可能です。

銀行の定期預金に預けても利息が少ないですが、スワップポイントの場合は高金利の海外国が多いために定期預金よりもお得です。その代わりに為替変動リスクがあり、ポジションを取ってから円高に進んでしまうと為替差損が出てしまいます。

円高に進みきった時点でポジションを取り、その後に円安になれば為替差益が期待出来ますがそう簡単ではないです。両建てしてスワップポイントだけ受け取りしようとしても、受け取りと支払いと両方発生するために無理です。